国際・政治ワールドウオッチ

韓国 3年で40倍の市場に 生鮮品宅配サービス=堀山明子

    「夜11時までに注文すれば、朝7時までに届けます」

     こんな宣伝文句で展開する会員制のオンライン生鮮食品店が韓国・ソウルを中心に急速に広がっている。ソウルの首都圏なら深夜のうちに玄関前に置くサービスで、配達完了時に携帯にメッセージが入る。宅配料は約300円(4000円以上の注文時は無料)。

     サービス開始の2015年には10億円程度の市場規模だったが、今年は400億円規模と3年で40倍の急成長。業者も増え、激しい競争を繰り広げている。

     深夜宅配の元祖は、有機農産物や加工品を中心に販売する「マーケット・カーリー」。15年創業以来、毎月1割ずつ会員が増え続け、今年3月の月間売り上げは10億円、会員数は60万人を超えた。深夜宅配の件数は今年5月で、月平均8000件を突破。人気商品は牛乳、卵など生鮮食品に加え、オムレツ、唐揚げなど調理した料理だという。

    残り210文字(全文585文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット