国際・政治ワールドウオッチ

イラン 米制裁で不況の中、割安国内ツアー人気=中村志信

    苦境の中にあっても(首都テヘラン)
    苦境の中にあっても(首都テヘラン)

     ティッシュペーパーがスーパーマーケットの売り場から消えた。トイレットペーパーやオムツなども品薄気味だ。

     米国は8月7日に一部制裁を再発動した。現地通貨の価値は昨年同期比(市場レート)で約3分の1に下落。イラン政府が外貨流出を防ぐため、1339品目の輸入を禁止したことも国内経済の混乱に拍車をかけている。小売店では輸入品のみならず、ティッシュなど国産品も品薄で、消費者の買いだめ、そして一部小売店では売り惜しみも出始めているという。

     物価も上昇している。統計センターによると、バナナ、リンゴ、オレンジ、キュウリなどの8月の物価上昇率は前年比80%を超えた。逆に、輸出品であったペルシャ絨毯(じゅうたん)の価格は下落。先日開催された展示会では、バナナならぬペルシャ絨毯がたたき売りされていた。それにもかかわらず、昨年に比べて来場者は激減したもようだ。

    残り194文字(全文568文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット