経済・企業挑戦者2018

データとAIで“物流危機”と戦う 上ノ山慎哉 スタークス社長 

    上ノ山慎哉 スタークス社長
    上ノ山慎哉 スタークス社長

     購買データと人工知能(AI)による需要予測を武器に、ネット通販などを手掛ける「Eコマース(電子商取引=EC)事業者」の物流コストを削減するプラットフォーム「クラウドロジ」を展開する。現在、国内数百社が利用している。

     2012年に28歳で起業しました。きっかけは11年の東日本大震災です。「自分だっていつ起業に挑戦できなくなってもおかしくはない」と思いました。

     どの分野で起業するか決めかねていた時、ある起業家の先輩からソフトバンク創業者の孫正義さんが28歳の時に行った講演のCDをもらいました。「経営者の仕事は、成長市場でシェアナンバーワンが狙え、かつ情熱を傾けられる領域を“土俵”に選ぶこと」という孫さんの言葉に強い説得力を感じ、最終的に選んだ土俵がECの「発送・配送」でした。

    残り1185文字(全文1526文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット