経済・企業挑戦者2018

安全・安価な「三輪EV」を世界へ 松波登 日本エレクトライク会長 

    松波登・日本エレクトライク会長(撮影:武市公孝)
    松波登・日本エレクトライク会長(撮影:武市公孝)

     電気を意味する「エレクトリック」と、三輪車を意味する「トライク」を組み合わせた「エレクトライク」という電気三輪自動車を開発。三輪EVはニッチな存在だが、ベンチャーが活躍できる市場がある。

     エレクトライクは宅配用のクルマとして大きな需要を見込んでいます。ミニバンに近い積載量があり、ドアがなく左右どちらからも乗降できるので、停車して20秒足らずで荷物を運び出すことができます。

     車体重量が軽く走行距離が長いのも特長です。重さが1トン以上あるミニバンに比べ、エレクトライクは400キロ程度と軽量です。EVを発進と停止を繰り返す宅配車として使うとバッテリーの消費が早いため、バンなら10キロワット時の電池で20キロメートル程度しか走れません。しかし、エレクトライクは8キロワット時の電池で40キロメートルは走るので、1回の充電で1日中持ちます。

    残り1198文字(全文1568文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット