教養・歴史アートな時間

舞台 芸術祭十月大歌舞伎 十八世中村勘三郎七回忌追善=小玉祥子

    死罪覚悟で直訴を決意した名主 渡し守との心の通い合いが見せ場

     東京・歌舞伎座の「芸術祭十月大歌舞伎」は十八世中村勘三郎七回忌追善(故人の冥福を祈って催される公演)。昼の部では、十八世はもちろん、その父の十七世勘三郎も得意とした「佐倉義民伝」が、松本白鸚(はくおう)の主演により上演される。

     原作は三世瀬川如皐(せがわじょこう)作「東山桜荘子」。嘉永4(1851)年、江戸・中村座で初演された。今回は「印旛沼渡し小屋」「木内宗吾内」「同裏手」「東叡山直訴」の四場が上演される。

     下総国(しもうさのくに)佐倉の名主、木内宗吾は、不作と過酷な重税に苦しむ農民を救おうと領主堀田上野…

    残り974文字(全文1261文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット