国際・政治東奔政走

安倍氏3選で問われる外交戦略 米国頼みの時代は終わり=及川正也

    4月の日米首脳会談では「ゴルフ会談」をした安倍晋三首相(中央)とトランプ米大統領(米フロリダ州で4月18日、内閣広報室提供)
    4月の日米首脳会談では「ゴルフ会談」をした安倍晋三首相(中央)とトランプ米大統領(米フロリダ州で4月18日、内閣広報室提供)

     安倍晋三首相が9月20日の自民党総裁選で3選を果たした。首相が公約に掲げた一つに、「戦後日本外交の総決算」がある。東アジアに残る東西冷戦の残滓(ざんし)を取り除くと意気込む狙いは、北朝鮮、ロシア、中国との関係改善だ。とりわけ、注目度が高いのが北朝鮮問題だが、その前途は明るいとはいえない。

     日本独自のアジア外交は、強固な日米関係があってこそ、可能になる。しかし、その足元を、他でもない米国が揺さぶっている。首相は3選後、ただちに日米首脳会談と国連総会出席のためにニューヨークに飛んだが、この事前調整で明らかになった「笑うに笑えぬ」エピソードを紹介しよう。調整の内情を知る日米外交筋から聞いた話だ。

    残り2237文字(全文2536文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット