週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

5Gで中国排除、オーストラリアの本音は=守屋太郎

     オーストラリア政府はこのほど、次世代モバイル通信「5G」のインフラ整備で、中国通信大手ファーウェイと中興通訊(ZTE)の参入を排除した。公式発表では名指しは避けたが、「不正な通信アクセスや妨害による安全保障上の脅威」(通信省)を理由に、新しい外資規制を導入。事実上、2社を締め出した。

     これに対し、ファーウェイの豪州法人は「消費者にとり、きわめて残念な結果」と反発。国内通信業界からも「競争が制限されるため、通信産業全体にとってよくない」(豪通信大手TPGのレビー最高執行責任者)との批判が出ている。

     トランプ米政権は既にスパイ活動や情報漏洩(ろうえい)など安保上の懸念から2社を排除。米国の安保政策と一蓮托生(いちれんたくしょう)の関係のオーストラリアも追従した形だ。中国が軍事拠点化を進める南シナ海での「航行の自由」作戦でも、豪軍は米軍と共同歩調を取ってきた。だが、人口約2500万人と国内市場が小さいオーストラリア経済は、最大の貿易相手・中国への輸出や中国企業の投資に頼らざるを得ない。「中国と…

    残り178文字(全文629文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット