【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online特集

クレジット市場のアラーム リスクためるシャドーバンキング=中空麻奈 偽りの世界好景気  

 クレジットバブルが続いている。世界の中央銀行が供給した過剰流動性を主な理由として、リスク資産価格の上振れた状況だ。バブル自体には定義がないものの、一定の仮説に基づき、クレジットバブルインデックスを算出した。過去の平均値から“あるべき価格”対比で見て大きく上振れた状態が1年以上続いた時にバブルと認定したもので、日米欧のあらゆるアセット(資産)クラスを比較した(表)。

 結果、現状は米国の投資適格クラス(BBB格以上)を除き、多くのアセットでバブルと判定されることがわかった。しかも、2017年5月からの推移を見ると、順次バブルの色合いが濃くなっている。米連邦準備制度理事会(FRB)は先進的に金融引き締めに転じるも、打ち止め感が出ており、欧州中央銀行(ECB)は19年までの低金利を半ば確約、日銀も低金利継続を明確にしており、主要中央銀行による過剰流動性相場の様相は…

残り2103文字(全文2487文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事