テクノロジー特集

サムスンが半導体世界覇権 落日インテル、正念場の日本勢=大山聡 最強!ニッポン電子部品

 2017年は、世界半導体市場で25年間首位の座を守ってきたインテルが韓国サムスン電子にその座を明け渡した年であった。メモリー市場が前年比60%成長、それ以外の市場は10%成長、半導体全体では20%成長というメモリー偏重な動向が首位交代を引き起こしたが、18年もメモリー市場は引き続き好調に推移。年後半になってから天井を打った感は否めないが、サムスンの2連覇はほぼ確実な見通しである。

残り1876文字(全文2068文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月10・17日合併号

EV戦争202314 BYD、実質253万円の黒船EV 圧倒的な低価格で日本に照準■稲留正英17 トヨタのEV戦争 ソフトと製造の競争力確立が急務■中西孝樹23 中国で日本車苦戦 大衆車市場でシェア落とす■湯進26 急成長テスラ サイバートラックは予約200万件 ■土方 細秩子28 日本車への警鐘  [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事