テクノロジー特集

米中摩擦 中国半導体に著しい警戒感 日本のメーカーに圧力も=南川明 最強!ニッポン電子部品 

    米中間覇権争いの中核がハイテク分野だ。トランプ米大統領と中国の習近平国家主席=北京
    米中間覇権争いの中核がハイテク分野だ。トランプ米大統領と中国の習近平国家主席=北京

     米国と中国のハイテク摩擦が激しくなっている。原因は、中国が製造業を強化する方向へかじを切ったことだ。ハイテクを巡る両国の鋭い対立の背景には、中国からのハイテク製品の輸入増加と知的財産権の侵害、それに伴う技術移転に対して米国の強い懸念がある。

     最近でも、中国製電子機器に「スパイ」半導体を組み込んでいる疑いが報じられた。現状を看過すれば経済的、軍事的にも米国が脅威にさらされることを許すわけにいかないというのが、米国による対中国強硬姿勢の根底にある。

    残り2616文字(全文2841文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事