国際・政治

独バイエルン州議会選挙 政権与党のCSU大敗 メルケル政権に大きな打撃=森井裕一

     独産業の一大中心地バイエルン州で10月14日に実施された州議会選挙は、政権与党であるキリスト教社会同盟(CSU)が大敗する結果となった。CSUはメルケル政権を支えるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党でバイエルン州のみに存在する。第4次メルケル政権はCDU、CSUと社会民主党(SPD)からなる大連立政権であり、CSUの敗北はメルケル政権にとって大きな打撃となった。

     CSUはバイエルン州において、一時期を除いて政権をほぼ常に単独で担ってきたが、今回の選挙の得票率は37・2%と前回の選挙から10・5ポイントも減り、連立を組まなければ政権を維持できない事態となった。

    残り1249文字(全文1534文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット