経済・企業特集

ソニー「『電子の眼』は車載用に本腰」清水照士・ソニー常務 最強!ニッポン電子部品

    ソニーの半導体事業を飛躍させた「裏面照射型イメージセンサー」
    ソニーの半導体事業を飛躍させた「裏面照射型イメージセンサー」

    「電子の眼」は世界シェア5割超 カメラで鍛え車載用にも本腰

     ソニーは車載向けの需要拡大に対応し、イメージセンサーを中心に3年間で1兆円の設備投資を行う。

    (聞き手=浜田健太郎・編集部)

     ソニーは40年以上にわたり、光を電気信号に変える「電子の眼」イメージセンサーの開発と製造に取り組んできた。1980年1月に世界初のCCD(電荷結合素子)カラーカメラを製品化。2008年には高感度とノイズ低減を両立した「裏面照射型CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサー」の開発に成功。カメラの性能は飛躍的に向上したと自負している。

     現在の世界シェアは50%(17年で52%、IHSマークイット調べ)を超えている。研究開発も10年くらいの工程表をもとに技術を仕込む一方で、生産段階において歩留まりを高レベルで安定させ、品質を「暴れさせない」取り組みなどを継続することで経験を蓄積し、顧客から信頼を得てきたと思う。

    残り962文字(全文1364文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事