国際・政治

サウジ人記者殺害事件 露呈した「人権侵害」の旧弊 揺らぐムハンマド皇太子の信頼=畑中美樹

     

    サウジ人記者ジャマル・カショギ氏が10月2日、結婚の証明に必要な書類を取りに入ったトルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館内において殺害された。この事件は人権や言論・報道の自由といったサウジにおける旧来の課題を改めて浮かび上がらせる結果となった。サウジのムハンマド皇太子が国内外にアピールしてきた改革路線への信頼も揺らいでいる。

     サウジの「人権状況」については、国連特別報告者のベン・エマーソン勅撰(ちょくせん)弁護士が今年6月…

    残り1282文字(全文1500文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット