国際・政治

サウジ人記者殺害事件 露呈した「人権侵害」の旧弊 揺らぐムハンマド皇太子の信頼=畑中美樹

     

    サウジ人記者ジャマル・カショギ氏が10月2日、結婚の証明に必要な書類を取りに入ったトルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館内において殺害された。この事件は人権や言論・報道の自由といったサウジにおける旧来の課題を改めて浮かび上がらせる結果となった。サウジのムハンマド皇太子が国内外にアピールしてきた改革路線への信頼も揺らいでいる。

     サウジの「人権状況」については、国連特別報告者のベン・エマーソン勅撰(ちょくせん)弁護士が今年6月、報告書を作成。表現の自由を平和的に行使した人々が受けた体系的な迫害や司法の見え透いた誤りによる処刑など、衝撃的な内容が盛り込まれている。

    残り1213文字(全文1500文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット