教養・歴史特集

古都の挑戦 INTERVIEW デービッド・アトキンソン氏 小西美術工藝社社長 インバウンド拡大へ投資戦略描け

    『新・観光立国論』の著者で、国宝や重要文化財を修復する小西美術工藝社社長を務めるデービッド・アトキンソン氏に、京都観光の課題と可能性を聞いた。(聞き手=小島清利・編集部)

    ── 京都のインバウンド(訪日外国人旅行客)の数が順調に拡大している。

    ■日本の人口減少や少子高齢化の影響で、国内の観光客数の伸びは期待できない中、インバウンドを獲得していくことは重要だ。日本政府が観光戦略に本腰を入れた効果が出ている。しかし、世界の観光都市と比較するとまだまだ少ない。

    ── インバウンドが急速に拡大すると、受け入れ側が持つ宿泊施設や交通機関などのキャパシティーを超えるのでは。

    残り1188文字(全文1469文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事