週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ロシア 「日露交流年」から半年 盛況に沸く歌舞伎公演=大前仁

    現地で「傾城反魂香」を演じる中村鴈治郎さん(左)と中村扇雀さん @Shochiku Co.,Ltd
    現地で「傾城反魂香」を演じる中村鴈治郎さん(左)と中村扇雀さん @Shochiku Co.,Ltd

     日本とロシアが文化や人文分野で交わる「日露交流年」が今年5月に開幕してから半年近くが過ぎた。ロシア側で開かれている「ロシアにおける日本年」を見渡すと、目玉イベントは一通り終わったようだ。その中でも「松竹大歌舞伎 近松座」が9月、モスクワとサンクトペテルブルクで催した公演は関心を呼んだイベントの一つだった。モスクワ公演は極東ウラジオストクでの「東方経済フォーラム」の開催と重なる不運にも見舞われたが、場内は熱気に包まれていたという。

    残り474文字(全文691文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット