国際・政治特集

「キングメーカー」ロシアの企図 過去最大の極東軍事演習=福富満久 新冷戦とドル・原油・金

    今年9月にロシア・ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムで並んだ日中露首脳。左から安倍晋三首相、習近平国家主席、ウラジーミル・プーチン大統領(Bloomberg)
    今年9月にロシア・ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムで並んだ日中露首脳。左から安倍晋三首相、習近平国家主席、ウラジーミル・プーチン大統領(Bloomberg)

     今年9月、ロシアが極東で実施した大規模な軍事演習「ボストーク2018」に、中国が初めて参加した。ロシアは兵士約30万人、1000機以上の軍用機、戦艦2隻、すべての空挺(くうてい)部隊を動員。中国軍も3000人を投入した。演習の規模はソビエト連邦崩壊後、最大となった。合同演習は、中露の軍事面での緊密な結びつきを誇示し、米国をけん制した。今のロシアは、台頭する中国との関係を強化することで存在感を増している。

     中露は、技術開発や経済協力でも関係を強化している。軍事演習を始めたのと同時期の9月、中露の政府系投資機関が共同で設立した「ロシア中国投資基金(RCIF)」は、中国の投資会社と共同で、両国のハイテク企業を誘致する拠点をロシアに作る計画に約13億ドル(約1470億円)投じると発表。資産1億ドル(約113億円)のベンチャーファンドを立ち上げたことも明らかにした。特に、IT分野でめざましい発展を遂げた中…

    残り1795文字(全文2199文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事