経済・企業コンビニ最終決戦

ローソン銀、決済の業界標準を握るか=吉澤亮二

     ローソンは2018年10月にローソン銀行を開業した。現金自動受払機(ATM)事業を当面の柱にしつつも、将来的にはキャッシュレス(脱現金)社会のプラットフォーマー(基盤事業者)となる構想を掲げている。同行の課題をマクロとミクロの視点で考察したい。

     マクロの課題としては、キャッシュレス社会の進展による環境変化が挙げられる。ATM事業は、同行に95%出資する親会社のローソンが既に1万3000台のATMを運営しており、セブン銀行と同様に、収益面で一定の貢献が期待できるだろう。しかし、キャッシュレス化の進展は現金需要を減少させ、中長期的に平均利用件数が計画どおりに推移しないリスクを生む。

     ミクロの課題としては、ローソンとセブン-イレブンの1店舗当たりの平均利用客数の差に起因するATMの稼働率の差がある。両社への来店客が同じ割合でATMを使用すると仮定したうえで、各社の公開情報を基にローソン銀の18年2月期のATM平均利用件数を推定すると、セブン銀の77%にあたる1日当たり72・5件と試算できる。

    残り1048文字(全文1498文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事