経済・企業コンビニ最終決戦

3大チェーン・トップインタビュー 古屋一樹 セブン─イレブン・ジャパン社長

    古屋一樹 セブン-イレブン・ジャパン社長
    古屋一樹 セブン-イレブン・ジャパン社長

    「2万店で圧倒的な質を追求」

    ── 既存店売上高が業界全体で落ち込む中で、セブンーイレブンはプラスを維持している要因とは。

    ■絶対的な質を追求していることだ。コンビニは立地と商品とサービスの掛け算であり奇手奇策はない。売れる場所に出店し、商品は絶対にセブンでなければという圧倒的な質を追求する。来店客との接点であるサービスは、加盟店の守備範囲だが、どれか一つが弱くなってきたら、当社も他チェーンと同質化する危機感を絶えず感じている。

    ── 来店客数はマイナス(18年度上期で0・7%減)となっている。

    残り1368文字(全文1615文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月18日号

    税務調査が狙っている20 動き出した「富裕層チーム」 態勢強化で調査件数は大幅増 ■下桐 実雅子22 強化進む国際課税 海外口座情報55万件は国税庁の「宝の山」■高鳥 拓也/田邊 政行26 増税目前の消費税 不正還付へ対応強化 軽減税率で調査も混乱? ■桐山 友一27 「金取引」の抜け穴 不動産投資 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット