経済・企業コンビニ最終決戦

3大チェーン・トップインタビュー 高柳浩二 ユニー・ファミリーマートホールディングス社長

    高柳浩二 ユニー・ファミリーマートホールディングス社長
    高柳浩二 ユニー・ファミリーマートホールディングス社長

    ── 既存店の来店客数が落ちている現状をどう変えるのか。

    ■人口減のなか、基本的にはコンビニは飽和状態に近づいている。店舗数を増やせば、1店舗当たりの来客数は減っても全体で客数を増やせるが、それでは皆、疲弊していく。

     今の店舗数で来店客数を増やす方が正攻法だと思う。新店を一切作らないわけではないが、既存店の収益性を高めるための投資の方が優先順位が高い。他チェーンが周囲に出店してくる時も、残るか残らないかは収益性で決まる。

    ── 首位のセブン─イレブンとの日販(1店舗当たり1日の平均売り上げ)の差をどう埋めるのか。

    残り1361文字(全文1618文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット