経済・企業コンビニ最終決戦

王者セブンの遠い背中 「生みの親」去り新局面=浜田健太郎/黒崎亜弓

    コンビニ3大チェーンの歩み
    コンビニ3大チェーンの歩み

    詳細はこちら

     <第2部>

     コンビニチェーンの実力差を端的に示す指標が、1日1店舗当たりの売り上げを示す「平均日販」だ。2018年2月期の実績は、セブン─イレブン・ジャパンが65万3000円。これに対しファミリーマートが52万円、ローソンが53万6000円で、両社はセブンに10万円以上の格差をつけられている。過去10年間の推移(図)を見てもその差が縮まっていないことがわかる。

     業界の覇者、セブン─イレブンの歴史は、初代社長の鈴木敏文氏(前セブン&アイ・ホールディングス〈HD〉会長最高経営責任者)を抜きに語ることはできない。

    残り1480文字(全文1743文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事