資源・エネルギーエコノミストオンライン

洋上風力発電の促進法提出 外資による訴訟リスクも=阿部直哉

英企業が展開する北海上の洋上風力発電設備。欧州では洋上風力が急拡大している
英企業が展開する北海上の洋上風力発電設備。欧州では洋上風力が急拡大している

「洋上風力の市場開拓が目的で来日した」──。今春、カナダの風力発電大手「ノースランド・パワー」 の関係者は、東京で商談に奔走していた。日本での洋上風力発電の普及を促進する法案が先の通常国会に提出され、可決・成立が見込まれていたからだ。しかし、実際には森友学園や加計学園の問題などで与野党が激しく対立し、審議未了で廃案となってしまった。仕切り直しを迫られた政府は、10月24日に開会した臨時国会に、ほぼ同内容の新法案を提出。可決、成立を目指す。

 これまでは、都道府県の条例による風車設置の許可期間は3~5年程度に限られ、事業を本格展開しづらかった。新法案では、政府が指定した促進区域で、許可期間を最大30年間に延ばし、参入を促す。

残り2091文字(全文2405文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事