週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

戦後の社会保障を決定づけた「制度審」 首相への「勧告」であるべき姿追求=駒村康平 本誌版「社会保障制度審」第24回 

    社会保障制度審議会の権威は高かった(1966年の会合で佐藤栄作首相らに要望を述べる大内兵衛会長〈写真左〉)
    社会保障制度審議会の権威は高かった(1966年の会合で佐藤栄作首相らに要望を述べる大内兵衛会長〈写真左〉)

     今号では、現在は廃止されている政府の「社会保障制度審議会(以下、制度審)」について説明する。制度審は、終戦直後の1948年に設置され、2001年に「歴史的役割は終えた」とされ省庁再編のなか廃止された会議体である。その機能は、経済財政諮問会議と厚生労働省社会保障審議会に引き継がれたことになっているが、後述するようにその仕組み、役割はかなり異なっている。

     戦前の日本は、景気変動、失業増加に対して、一般国民に十分なセーフティーネットが用意されず、国内の不…

    残り1920文字(全文2147文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット