週刊エコノミスト Online論壇・論調

論壇・論調 英EU離脱で国境問題大詰め メイ首相の新提案に反発強く=増谷栄一

    離脱交渉が長期化し、新たな国民投票を求める声も
    離脱交渉が長期化し、新たな国民投票を求める声も

     英国のEU(欧州連合)離脱協議は、懸案だった北アイルランド国境問題の解決方法で、ようやくEUとの間で合意に達し、メイ首相は11月14日、緊急閣議を招集した。そこで、17対11の賛成多数で最終合意案(離脱協定案)を政府決定した。

    ワールドウォッチ

     しかし、すでにメイ政権を支える北アイルランドの民主統一党(DUP)をはじめ、最大野党の労働党、野党第2党の自由民主党、さらにブレグジット欧州調査グループ(ERG)など与党・保守党内のEU懐疑派は、メイ首相との全面対決の姿勢を示している。EU加盟27カ国が最終合意案を承認したとしても、12月の英国議会で最終合意案が否決されるか、下院議長が「意味のある投票(EUとの最終合意に対する議会の拒否権行使)」に基づいて政府に最終合意案の修正を義務付ける可能性がある。その場合、メイ首相はEUと再協議に入り、移行期間終了の2020年12月までに最終的な案をまとめることになる。

     閣議決定後、政府が発表した最終合意案の骨子は、(1)移行期間終了後、北アイルランド(英国)とアイルランド共和国(EU)のハードボーダー(厳格な国境管理)を回避するため適用される「バックストップ条項」(EUルールの継続)は英国全体に適用する、(2)英国は同条項の適用を一方的に打ち切ることができない。打ち切りの判断は英国とEU、第三者からなる独立した仲裁機関に委ねる、(3)移行期間終了の半年前の20…

    残り1019文字(全文1625文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット