国際・政治論壇・論調

論壇・論調 第一次大戦終結から100年 欧州でポピュリズムへの警戒感=熊谷徹

ブレグジット後も英国は欧州の一員?(メイ英首相=左=とマクロン仏首相) Bloomberg
ブレグジット後も英国は欧州の一員?(メイ英首相=左=とマクロン仏首相) Bloomberg

 11月11日にパリで行われた第一次世界大戦終結100周年に関連する式典には、約70カ国の代表が参加した。欧州の論壇ではこの歴史の節目と関連付けて、欧米で強まっているポピュリズムに対して警告する論調が目立った。

ワールドウォッチ

 フランスの日刊紙『ルモンド』は11月12日付の電子版で「マクロン大統領は凱旋(がいせん)門前での演説の中で『愛国主義とはナショナリズムとは全く正反対のものだ。ナショナリズムは愛国主義への裏切りだ』と述べ、自分の国さえよければ他国はどうなってもよいと考えるナショナリストを厳しく批判した。この言葉はフランス国民だけではなく、貴賓席の最前列に座っていたトランプ大統領に対しても向けられたものだった」と指摘した。

 同紙は「4月にマクロン氏がワシントンでトランプ氏と会談した時に比べ、両者の関係は悪化している。欧州の防衛体制、地球温暖化、イラン、貿易摩擦、パレスチナ和平などをめぐり米仏間には対立点が増えつつある。トランプ氏はフランス滞在中、不機嫌そうな表情を変えなかった」とコメントした。

残り1141文字(全文1596文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事