国際・政治論壇・論調

論壇・論調 右腕落選で独メルケル氏の黄昏 極右政党躍進に若手が危機感=熊谷徹

    カウダー氏の敗戦はメルケル首相の敗北
    カウダー氏の敗戦はメルケル首相の敗北

    ドイツ論壇で「メルケル時代が終幕に近づいた」という指摘が強まっている。象徴的な出来事は、9月25日にキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の連邦議会の会派代表(院内総務)を選ぶ投票だ。13年間にわたり同会派の院内総務だったメルケル氏の右腕V・カウダー氏は、ほぼ無名だったR・ブリンクハウス議員に敗れた。

     保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は9月26日付の紙面で自由民主党のC・リントナー党首の「カウダー氏落選は、CDU内のメルケル氏への失望と刷新への期待を示すものだ」というコメントを掲載。FAZは極右政党ドイツのための選択肢(AfD)のA・ヴァイデル院内総務の「メルケル氏の黄昏(たそがれ)が始まった」という言葉も引用している。FAZのJ・アルテンボックム記者は9月26日付の社…

    残り1129文字(全文1482文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット