週刊エコノミスト Online論壇・論調

論壇・論調 米FRBの利上げに賛否 「不要な冷却効果」との声=岩田太郎

    「利上げを中断すべきだ」との意見も出ている。(パウエル氏=右=とウィリアムズ氏)
    「利上げを中断すべきだ」との意見も出ている。(パウエル氏=右=とウィリアムズ氏)

    米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長やウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁は10月中旬に、進行中の米利上げを休止する目安とされてきた中立金利水準(景気を刺激も抑制もしない実質金利)を超えて引き締めを行う考えを示唆した。これに対し、トランプ米大統領は「FRBは正気を失った」と非難し、緩和的な金融政策の継続を求めた。エコノミストの間では、FRBが利上げを急ぎすぎているとの大統領の見解が正しいのか、FRBの対応の是非にからめて論じられている。

     イエレン前FRB議長は10月12日に韓国ソウルで行った講演で、「FRBは正気を失っておらず、緩和的…

    残り1166文字(全文1439文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット