週刊エコノミスト Online論壇・論調

論壇・論調 独メルケル氏の党首辞任表明 有権者の不満受け止め決断=熊谷徹

    州議会選のダブル敗北で引退を表明したメルケル首相(左
    州議会選のダブル敗北で引退を表明したメルケル首相(左

     10月29日にドイツのメルケル首相はバイエルン州議会選挙に続いてヘッセン州議会選挙でも与党が大敗したことを受け、今年12月のキリスト教民主同盟(CDU)の党大会で党首選に立候補せず、現在の任期を最後に首相を辞任し、その後は政界から引退する方針を明らかにした。(89ページに関連記事)

    ワールドウォッチ

     ドイツで最もCDU寄りの日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』のB・コーラー共同発行人は10月30日付で「メルケル氏は州議会選挙での大敗を反省して正しい決断を下した。この発表により首相はCDUの硬直状態を終息させた」と首相の決定を称賛した。FAZはメルケル氏の「党首選に立候補しないことは、今年の夏休み前に決めていた。11月3日の党役員会で発表するつもりだった」という言葉を引用し、首相がキリスト教社会同盟(CSU)のゼーホーファー内相との対立など、さまざまな政権内のトラブルを経て引退を決意し、州議会選のダブル敗北のために発表を早めたという見方をしている。メルケル氏は元々首相が党首も兼ねなくてはスムーズに政局を運営できないという信念の持ち主。このためFAZは「メルケル氏が2021年まで首相を務められる保証はない」として、CDU党首と首相が別々の人物という状態は長続きしないと見る。

     公共放送ARDのA・フュンフィンガー記者は10月29日付のウェブサイトで「メルケル首相は有権者の抗議を真摯(しんし)に受け止め、引退のための一歩を踏み出した。だがドイツ連邦政府がひどい状態に陥っているのはメルケル氏だけの責任ではない。ゼーホーファー氏はなぜCSU党首を辞任しないのか」と述べ、大連立政権に加わっている他の政党の党首も進退を明らかにするべきだと指摘した。

    残り893文字(全文1628文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット