週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「身近な食材でも、創意工夫でおいしくなる」 笠原将弘=日本料理「賛否両論」店主 問答有用/722 

    「2020年の東京五輪で、世界中から来る観光客に「『賛否両論』の料理を食べたい」と思われるような店になりたいですね」
    「2020年の東京五輪で、世界中から来る観光客に「『賛否両論』の料理を食べたい」と思われるような店になりたいですね」

    「予約の取れない店」と言われる東京・恵比寿の日本料理店「賛否両論」で包丁を振るってきた笠原将弘さん。本格的な和食を手ごろな値段で楽しめるよう工夫を重ねてきた。

    (聞き手=岡田英・編集部)

    ── 東京・恵比寿に開いた日本料理店「賛否両論」が人気ですね。要因は何だと思いますか。

    笠原 一つは値段が、東京の和食屋さんでは安い方だと思っています。食事だけで1人1万円、2万円が当たり前の日本料理の世界で、うちの主力は6800円のおまかせコース。20代のころ、和食を食べに行こうと思ったら高級割烹(かっぽう)か居酒屋の極端な二択しかなく、お酒を飲んでも1万円でおつりが来るような「ちょうどいい店」があったらいいなあと思っていました。若い人が記念日に使えて、かつ手ごろな店はフレンチやイタリアンはあっても和食はなかった。わざわざ行く価値があると思ってもらえる金額という意味では、ライバルは東京ディズニーランド(入場料7400円)です。

    ── 料金を抑えて、おいしいものを出す工夫は?

    残り4720文字(全文5152文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット