経済・企業コンビニ最終決戦

外国人店員に心ない言葉=芹澤健介

    コンビニで働く外国人は増えている
    コンビニで働く外国人は増えている

     国会では、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた議論が続いている。政府は「特定技能」という新たな在留資格をつくり、来年4月から最初の5年間で最大34万人の外国人労働者を受け入れるという。

     背景にあるのは、深刻な人手不足である。その不足を海外からの労働力で補おうとしているわけだが、日本にはすでに100万人以上の外国人労働者が暮らしている(厚生労働省によると、17年10月末時点で約128万人)。

     コンビニでも多くの外国人が働いているのは周知のとおり。彼らのほとんどは留学生だ。「原則週に28時間まで」という制限のもと、“資格外活動”としてアルバイトをしている。本来的な労働者ではない彼らが、私たちにとって一番身近な外国人労働者であること自体、現行制度に大きなゆがみがある証拠だろう。

    残り1716文字(全文2056文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事