経済・企業コンビニ最終決戦

外国人店員に心ない言葉=芹澤健介

コンビニで働く外国人は増えている
コンビニで働く外国人は増えている

 国会では、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた議論が続いている。政府は「特定技能」という新たな在留資格をつくり、来年4月から最初の5年間で最大34万人の外国人労働者を受け入れるという。

 背景にあるのは、深刻な人手不足である。その不足を海外からの労働力で補おうとしているわけだが、日本にはすでに100万人以上の外国人労働者が暮らしている(厚生労働省によると、17年10月末時点で約128万人)。

 コンビニでも多くの外国人が働いているのは周知のとおり。彼らのほとんどは留学生だ。「原則週に28時間まで」という制限のもと、“資格外活動”としてアルバイトをしている。本来的な労働者ではない彼らが、私たちにとって一番身近な外国人労働者であること自体、現行制度に大きなゆがみがある証拠だろう。

残り1716文字(全文2056文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事