週刊エコノミスト OnlineBook Review

『公文書問題と日本の病理』 評者・上川孝夫

    『公文書問題と日本の病理』 著者:松岡資明
    『公文書問題と日本の病理』 著者:松岡資明

    著者 松岡資明(学習院大学客員教授) 平凡社新書 800円

    民主主義の成熟度示す「記録」保存への姿勢

     公文書というと、一般の人々には縁遠い印象を与えるかもしれない。しかし最近日本では、森友学園や加計学園、自衛隊の日報問題など公文書を巡る問題が噴出し、議論の的となった。日本には情報公開や公文書管理に関する法律があるのだが、一体どうなっているのだろうか。本書はこの問題に精力的に取り組んできた著者による最近作である。

     2011年に施行された公文書管理法(正式名称は「公文書等の管理に関する法律」)では、行政文書には保存期間が設けられ、管理簿に登録する必要があるのは保存期間1年以上の文書である。保存期間が満了すると、歴史的価値を有する文書を国立公文書館などに移管して半永久的に保存し、公開する。これが公文書管理のサイクルである。そのため、不開示の決定や文書の廃棄を行って指摘された場合、「1年未満の文書だった」「個人…

    残り776文字(全文1182文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事