週刊エコノミスト Online海外出版事情

アメリカ 肉食系ロマンス小説、ひそかなブームの秘密=冷泉彰彦

 1970年代以降の米国では、ペーパーバックによる「ロマンス小説」というジャンルが確立していた。初期はシンデレラになりたいというような願望を描いたものが多かったが、やがて不倫ものやミステリー仕立てのものなどへ多角化していった。その内容が様変わりしている。具体的には「肉食系」とでもいうべき濃厚な性描写を伴う点だ。この点に関しては、何といっても2011年から刊行された「フィフティ・シェイズ」3部作(E.L.ジェイムズ著)がターニングポイントとなった。SM表現を含むハードな性描写が売り物だが、女性読者を中心に世界的なヒットとなり映画化もされた。

 この3部作のヒットを受けて、E.L.ジェイムズに影響を受けた格好で、多くのセクシャルなロマンス小説が量産されるようになった。その中でヒットを連発しているのが、2人の女性、ヴィー・キーランドとペネロペ・ワードである。キーランドは職場の上司が性的パートナーになる話が多い一方で、ワードはアルコールやインターネットなどの小道具が使われるが、2人の作風は似ていて、とにかく濃厚な性描写に至る男女の感覚的な恋…

残り478文字(全文950文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事