教養・歴史海外出版事情

海外出版事情 中国 崩壊する農村の伝統秩序=辻康吾

     時折中国に行くが、知人が多い大都市だけとなり、農村に行く機会が少なくなっている。ポストモダンの高層ビルが乱立し、繁盛する商店街、立ち並ぶ屋台や荷車を引く出稼ぎ労働者など、すべてが混在する中国の大都市はそれなりに大きく変容してきた。だが都市化が進み統計上で人口の過半数を割ったとはいえ、農村、農民、農業の重要性に変わりはないし、1980年代からの近代化政策の下で農村がどう変わったのかは常に気になっていた。

     そんなとき北京で入手した賀雪峰著『最後一公里村荘』(中信出版集団、2018年)は著者が所属する華中科学技術大学が十余年間続けてきた膨大な農村調査に基づくもので、帰省した教員、学生が提出した報告は全国の農村の変容を詳細に記している。一つの結論は、億を超える農民が大都市、沿岸地区への出稼ぎを本格化させた00年ごろから農村は大きく変化したことである。

    残り573文字(全文950文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事