週刊エコノミスト Online海外出版事情

海外出版事情 中国 魯迅の懐具合に何を読むか=辻康吾

     知識人というと世間はなんとなく清貧を期待し、知識人もまた金銭を蔑視してみせる傾向がある。だが知識人も人間であり、金が必要であり、豊かな生活を願っている。では中国近代文学の金字塔である魯迅はどうであったのか。

     没後80年を超えた魯迅には今なお多くの愛読者があり、多くの研究書が発表されているが、その懐具合まで調べたものは読んだことがなかった。ところが、北京語言学院講師の陳明遠による『文化名人的経済背景』(2007年、新華出版社)には、いくつもの驚きがあった。著者の陳氏は詩人として、中文言語処理の専門家としてすでに著名だが、魯迅に関心をもったのは文革期、農村に送られ、読むものもないままその日記を丹念に読み、そこに記された魯迅の当時の家計を詳細に調べたことに始まるという。その後、康有為、胡適など、多数の知識人の収入、支出を調べることになる。

     さらに驚いたのは、文革期には中国革命の応援者として国民党に弾圧され、すべての収入を革命に捧げて極貧…

    残り517文字(全文939文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット