週刊エコノミスト Online海外出版事情

海外出版事情 アメリカ 女優の自伝と#MeToo運動がシンクロ=冷泉彰彦

 アメリカでは、セクハラ、パワハラ行為への告発が「#MeToo」運動として影響力を持ち始めている。そんな中、一人の女性の自伝が、この運動の精神的支柱として読まれ、話題となっている。

 著者は、サリー・フィールド。「ノーマ・レイ」(1979年)、「プレイス・イン・ザ・ハート」(84年)で2度アカデミー主演女優賞を受賞しており、その後に演じた「フォレスト・ガンプ/一期一会」(94年)の母親役、「リンカーン」(2012年)のリンカーン夫人役も評価が高く、日本でも著名だ。

 彼女が18年9月に刊行した自伝『In Pieces(人生の断片)』は、ゴーストライターなどの手は一切借りずに7年の年月をかけて執筆したもので、71歳の彼女にとって人生の総決算ともいえる内容だ。本書がどうして「#MeToo」運動とシンクロして読まれているのかというと、例えば14歳の時に受けた性的暴力、17歳で経験した妊娠中絶などが克明につづられているからだが、その筆致は権利を声高に叫び、加害者を追…

残り514文字(全文947文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事