教養・歴史海外出版事情

海外出版事情 アメリカ 究極の暴露本でホワイトハウス混乱=冷泉彰彦

 トランプ政権の内幕を描いた暴露本といえば、2018年の年初に出た『炎と怒り』が有名だ。だが、同年9月11日発売の『恐怖』(ボブ・ウッドワード著)のインパクトは、はるかに大きなものとなりそうだ。

 まず著者の「格」が違う。『炎と怒り』のマイケル・ウォルフは無名のライターだったが、ボブ・ウッドワードは、1973年から74年にかけて、『ワシントンポスト』紙の若手記者として、ウォーターゲートの暴露を行った「伝説のジャーナリスト」である。同僚のカール・バーンスタインとの共著『大統領の陰謀』(74年)はベストセラーとなり、映画化もされた。バーンスタインと共に、一連の取材活動に対してはピュリツァー賞も授与されている。

 その後のウッドワードは歴代のホワイトハウスに対して、膨大な取材を続け、数年ごとに政権の核心に迫るようなドキュメントを発表してきた。特に、ジョージ・W・ブッシュ政権においては、3冊のドキュメントを出版し、最終的にはイラク戦争の失敗など混乱する政権の内幕を暴いて話題となっている。

残り495文字(全文939文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事