教養・歴史海外出版事情

海外出版事情 アメリカ 究極の暴露本でホワイトハウス混乱=冷泉彰彦

     トランプ政権の内幕を描いた暴露本といえば、2018年の年初に出た『炎と怒り』が有名だ。だが、同年9月11日発売の『恐怖』(ボブ・ウッドワード著)のインパクトは、はるかに大きなものとなりそうだ。

     まず著者の「格」が違う。『炎と怒り』のマイケル・ウォルフは無名のライターだったが、ボブ・ウッドワードは、1973年から74年にかけて、『ワシントンポスト』紙の若手記者として、ウォーターゲートの暴露を行った「伝説のジャーナリスト」である。同僚のカール・バーンスタインとの共著『大統領の陰謀』(74年)はベストセラーとなり、映画化もされた。バーンスタインと共に、一連の取材活動に対してはピュリツァー賞も授与されている。

     その後のウッドワードは歴代のホワイトハウスに対して、膨大な取材を続け、数年ごとに政権の核心に迫るよ…

    残り584文字(全文939文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット