教養・歴史海外出版事情

海外出版事情 中国 北京の水 古都北京の面影をしのぶ=辻康吾

     私が長期滞在していた1980年前後の北京の街は、毛沢東像や革命的スローガンがあふれ、終わったばかりの文化大革命の跡が残っていた。それでも都市としては3000年以上、中華の首都としても1000年近い歴史をもつ北京は、後に訪れる機会があったイスタンブールに匹敵する重厚な歴史感に満ちていた。その後の経済発展の中で今や北京も高速道路が走り、高層ビルが建ち並ぶ近代都市となり、天壇、円明園、八達嶺は観光スポットとなって人があふれている。だが今も新たな都市計画の大工事の隙間(すきま)に残された胡同(こどう)(横町)や四合院(伝統的住宅)に心を慰められることもある。

     そんな北京の歴史に心を引かれてきたが、たまたま手にした侯仁之著『北京城的生命印記』(2009年、三聯書店)はこの街への好奇心を満たしてくれるものだった。同書は、都市としての北京が、そこに居を構える人々とともに、いかなる自然環境において、また政治、軍事、経済、社会的意味をもって存続してきたかを詳細に論じている。1911年生まれの著者は2013年、102歳の高齢で死去しているが、その生涯は著書の冒頭…

    残り477文字(全文956文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット