教養・歴史海外出版事情

海外出版事情 アメリカ なぜ売れない? 「トランプ経済」称賛本=冷泉彰彦

     米中間選挙が、激しい戦いとなる中で、奇妙な現象が起きている。「トランプ経済」を称賛した新刊が全く売れていないのだ。今回は、この現象に注目してみたい。

     ズバリ『トランポノミクス』という本は、副題が「アメリカ・ファーストによる経済カムバックプラン」。白い表紙にタイトルは金色、そこに右上がりに上昇する赤い矢印が描かれた装丁は、書店のビジネス本新刊コーナーでかなり目立っていた。

     本書は、幅広いジャンルを手がけるライターのステファン・ムーアと、保守経済論客のアーサー・B・ラファーの共著で、彼らはCNBCなど経済専門のTV局を回って、しっかりPRも行っていた。版元は大手のマクミラン。だが、現時点ではアマゾンのレビューはたった3件。紙版の売り上げ順位は1400位以下、電子版に至っては1万4000位と全く売れていない。なぜだろうか。

    残り583文字(全文947文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事