経済・企業世界経済総予測2019

中国株 米中摩擦は緩和方向へ=田代尚機

     米中貿易摩擦は米国の景気動向や株式相場次第では、弱まる可能性がある。2018年12月の米中首脳会談では、2000億ドルの対中輸入品に対する追加関税率10%から25%への引き上げが2月末まで延期となった。ただ、それまでに協議がまとまらず、関税が引き上げられれば、米国側にとって実質的な消費増税となり、痛みは大きい。相場環境にもよるが、引き上げは簡単ではなく、上海総合指数は底割れせずに持ちこたえるとみている。

     一方、中国の国内事情としては、企業経営者やヘッジファンドなどが、所有する株式を担保に借り入れるレバレッジ取引が進んでいるが、株価下落による担保割れなどにより、さらに株価が下落する悪循環が起きている。当局は総合的な株価安定化政策を進めるとともに、インフラ投資拡大政策を実施している。企業業績は底堅いだろう。

    残り213文字(全文570文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事