教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 儒教の本質に迫る「塾」としての快著=加藤徹

     古代中国では、屋敷の門の両脇にある小屋や部屋を「塾」と呼んだ。来客はまず「塾」で待機し「殿堂」にいる主人に謁見する心の準備をする。「塾」は「入門」の象徴的な場だった。使用人や子弟が礼儀作法を学び習熟したり、元服の儀礼の場としても使われた。後世は意味が転じ、民間の先生が年少者に教える小規模な学舎を指すようになった。

     筆者も子供のころ、書道塾や学習塾などに通った。塾の先生には変人が多かった。学校の先生なら口にしないきわどい冗談や本音の雑談も聞けた。加地伸行『大人のための儒教塾』(中公新書ラクレ、840円)を読み、塾の記憶がよみがえった。

    残り659文字(全文929文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事