教養・歴史歴史書の棚

言語、遺品等痕跡を精査 文明史の起源に迫る=本村凌二

    『馬・車輪・言語』(筑摩書房、上巻2900円、下巻3000円)
    『馬・車輪・言語』(筑摩書房、上巻2900円、下巻3000円)

     歴史の闇に消された人々がいる。一つは為政者にとって都合の悪い集団であり、もう一つは民衆が記憶しておきたくない集団である。ナチス政権下で祭りあげられたアーリア人は後者の典型であろう。

     もろもろの偏見を退け、考古学と言語学の諸成果を整理しながら、デイヴィッド・W・アンソニー『馬・車輪・言語』(筑摩書房、上巻2900円、下巻3000円)は、印欧祖語とアーリア人をめぐって人類文明史の起源に迫る。

     古インド語最古の文献は『リグ・ヴェーダ』であり、イラン語最古の文献は『アヴェスター』である。いずれも紀元前2千年紀の後半に口承で広まり、その後文字で記された。これら以前からインド・イラン共通語があり、そこでは自己認識が人種的ではなく、言語学的および儀礼的であったという。讃歌と詩を用いて正しい方法で正しい神に供犠(くぎ)をすれば、その人はアーリア人なのである。

    残り526文字(全文903文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事