週刊エコノミスト Online注目の特集

ソフトバンク上場 売り出し価格の14%超安 将来の業績見通しに不安も=花谷美枝

    波乱の船出となった(Bloomberg)
    波乱の船出となった(Bloomberg)

     ソフトバンクグループ(SBG)傘下の通信子会社ソフトバンクが12月19日、東京証券取引所第1部に上場した。SBGはソフトバンク株の3分の1超を売り出し、約2兆6000億円を調達した。調達金額で1987年のNTT(約2.3兆円)を抜き、日本企業のIPO(新規株式公開)では過去最大となった。

     ただ、初日の株価は低調で、売り出し価格1500円に対して初値は1463円(売り出し価格から2.5%安)、19日の終値は1282円(同14.5%安)だった。初値で計算した時価総額は7兆35億円、終値では6兆1371億円となり、1日で1兆円以上が吹き飛んだことになる。ソフトバンクの宮内謙社長は19日の会見で、初値について「真摯(しんし)に受け止めてこれをスタート地点に取り組んでいきたい」と話した。

     12月6日に大規模な通信障害が発生したことが株価に影響したとの見方があるが、ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真代表取締役は「そもそも売り出し価格の設定が高すぎた」と厳しい評価だ。「試算では1200~1300円が適正株価。初値は妥当な価格に収束した結果と言える」(菊池氏)と指摘する。

    残り517文字(全文1008文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事