国際・政治注目の特集

COP24 パリ協定の実施方針で合意 CO2削減目標引き上げ課題に=本橋恵一

     12月2日からポーランドのカトウィツェで開催されていた国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は、15日に2020年以降の気候変動対策の国際的枠組みであるパリ協定の詳細な実施指針(ルールブック)について採択し、閉幕した。これにより、20年からの運用が決まっているパリ協定が本格的に動き出すことになる。

     ただ、パリ協定が目標とする、地球の平均気温を2度未満、できれば1・5度に抑制することに対応した各国のCO2などの温室効果ガス削減目標の引き上げや、途上国支援のための資金援助などは今後の課題として残されており、日本政府がどういった対応を示すかが注目される。

    残り1020文字(全文1306文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事