週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「何としても無事に地球に帰還させたい」 吉川真=「はやぶさ2」ミッションマネージャ 問答有用/726 

    「親に望遠鏡を買ってもらい、1人で月や惑星を眺めていた子どもでした」 撮影=富安京子
    「親に望遠鏡を買ってもらい、1人で月や惑星を眺めていた子どもでした」 撮影=富安京子

     太陽系第3惑星・地球が誕生して約46億年。生命はいつどこで、どのように生まれたのか。その謎を解くため、小惑星探査機「はやぶさ2」のミッションマネージャとして、熱い戦いが続いている。

    (聞き手=冨安京子・ジャーナリスト)

    吉川 打ち上げから地球帰還まで、衛星や搭載された観測装置を正常に維持し作動させて、目的を遂行すること、探査機の軌道を推定するのが主な任務です。その軌道をもとに今後、どう探査機を運用するかの計画を別の専門グループが立て、さらに別のグループがそれに適したコマンド(命令)を作成し、最終的なコマンドが衛星に送られます。

    残り4752文字(全文5017文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット