教養・歴史Book Review

『地方創生のための構造改革 独自の優位性を生かす戦略を』 評者・小峰隆夫

    編者 八田達夫(公益財団法人アジア成長研究所理事長) NIRA総合研究開発機構 時事通信社 2000円

    停滞する地域再生に成功例と具体案を提示

     多くの人々が望んでいるにもかかわらず地方創生は進んでいない。なぜだろうか。評者は、漠然と「地域問題に経済学的な発想を十分適用してこなかったからだ」と考えてきた。本書を一読して、そんな私の考え方が裏付けられ、大変心強い。

     編者の八田達夫氏は、本書の目的を「成長戦略としての地方創生のための具体的政策を提示すること」とし、「地方が優位性を持つ分野で、そのポテンシャルを最大限に生かせる環境整備をすることである。そのためには、成長を妨げている規制や地方行政の仕組みを改めていく必要がある」としている。評者が特に啓発されたのは次のような点である。

    残り832文字(全文1172文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事