教養・歴史Book Review

『日銀バブルが日本を蝕む』 評者・浜矩子

    著者 藤田知也(朝日新聞記者) 文春新書 850円

    ゆがんだ「バブル」製造 中央銀行の非を追及

     本書の中に実に面白い見出しが登場する。「『将来への不安感』から生まれた新型バブル」というものだ。この見出しの登場に先立って、「眼前に現れるのは、かつてのバブルのような金満な光景ではない」という文章が「はじめに」の中に現れる。

     ギンギンギラギラしないバブル。熱狂を伴わないバブル。実に奇異な経済風景だ。だが、今の日本において、それが我々の眼前にあることは間違いない。年収400万円台のサラリーマンが4億円の借金を元手に不動産投資にのめり込んでいく。正気の沙汰ではない。だが、その狂気は全くバブリーではない。つましくて、および腰で、暗い。まさしく不安に満ちている。

    残り802文字(全文1129文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事