教養・歴史Book Review

『定年後の経済学』 評者・井堀利宏

    著者 橘木俊詔(京都大学名誉教授) PHP研究所 1400円

    定年制の功罪詳細に検討 引退後の資産設計を指南

     高年齢者雇用安定法は、定年延長や継続雇用(再雇用)などにより希望者全員を65歳まで雇用するように企業に義務付けている。政府の働き方・社会保障改革では、その年齢を70歳に引き上げ、年金受給年齢も70歳にすることで、高齢者が長く働ける環境を整備しようとする。他方、団塊世代はすでに定年を迎え、引退後の経済環境に関心があるため、定年後の人生設計を扱う本も多く刊行されている。本書は労働・社会保障の分野で第一人者の著者がこれまでの豊富な研究成果に基づき、経済学の視点で定年後を解説する。

     定年とは、若い年齢での労働者の雇用解雇を制限し、長期的に安定した雇用を保障する制度であるとともに、…

    残り855文字(全文1198文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット