教養・歴史Book Review

『評伝 小室直樹 上巻 学問と酒と猫を愛した過激な天才 下巻 現実はやがて私に追いつくであろう』 評者・田代秀敏

     上下2巻、本文1364ページの大作だが、最後まで一気に読まされてしまう。希代の「過激な天才」であった小室直樹(1932~2010年)の疾風怒濤(どとう)の生涯を、周到な取材に基づき、細部に至るまで徹底的にリアルに描いているからである。

    『ソビエト帝国の崩壊』(80年)を契機に華々しい言論活動を行う以前の「知る人ぞ知る天才」であった頃から、小室直樹は私塾を開催し、「社会科学の復興」を担う人材を無償で育成した。それが今や伝説の「小室ゼミナール」(72~85年)である。

     実はこの書評の筆者は、小室ゼミの後半7年に参加し、教えに接した。その筆者が読んでも、この評伝に違和感は一切ない。それどころか、「あの時の小室先生の真意はそうだったのか」と気付かせてくれる。

    残り848文字(全文1177文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット