教養・歴史平成経済30年史

混迷した日本政治 再び野党結集、政権交代目指す 小沢一郎・自由党共同代表

 ベストセラーとなった著書『日本改造計画』を世に問うたのが1993(平成5)年。日本政治のキーパーソンであり続けた小沢一郎氏は平成の30年間に何を思うのか。

(聞き手=桐山友一/白鳥達哉・編集部)

── 平成の30年間の日本政治を振り返ると?

■僕は、平成という時代の日本政治は、半世紀にわたった自民党中心の政権から、真に日本に議会制民主主義が定着していくまでの大きな過渡期だったと考えている。この間、細川政権(1993年)、民主党政権(2009年)と政権交代が2度あった。しかし、今もまだ議会制民主主義(が定着するまで)のプロセスの中にある。僕は次の時代に、議会制民主主義を定着させて確固たるものにしたい。

残り2940文字(全文3241文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事