経済・企業学者が斬る・視点争点

長期停滞論に導入すべき生産性分析とは=平田英明

     世界中で観察される生産性の長期的低下傾向の決定要因に関心が集まっている。米国に関するハーバード大学のサマーズ教授による長期停滞論は、技術革新、人口減、資本財価格の低下などを通じた低い投資意欲が製造業を中心に続き、結果として技術進歩が必要資本量を減少させ、投資需要を抑えるという需要面の問題を強調する。更に、経済格差と長寿化が民間貯蓄率を高めており、金融緩和効果が従来よりも下がってきている。

     つまり、超低金利下においては、マクロ経済理論が仮定する設備投資が利子の関数という想定が揺らいできて…

    残り2694文字(全文2940文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット