教養・歴史書評 読書日記

ブレイディみかこの読書日記 現代社会を笑い撃つユーモアと孤高の知性

    『ウラミズモ奴隷選挙』
    『ウラミズモ奴隷選挙』

    ×月×日

     わたしは英国在住なので、ライターの仕事を始めるまで、日本語の活字を読む機会がなかった。で、久々に日本の新聞や雑誌を読むようになった頃、驚いたことがあった。

     記事が真面目だったからだ。英国の新聞コラムや雑誌記事にはユーモアがちりばめられているが、日本のジャーナリズムでは笑いの要素はご法度のようである。

     が、代わりに小説でそれをやっている作家がいる。笙野頼子著『ウラミズモ奴隷選挙』(河出書房新社、2100円)を読みながら、私は3分おきにのけぞって大笑いしていた。

    残り1094文字(全文1330文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事